なんか、ずれてますか?

大切な人たちといつでもなぜか「噛み合わない」人のブログ

脳内メーカーが「母」だった時代

これはズレについて書いていくブログですが

まず思いつく痛々しいズレとして一つ

真っ先に思い浮かぶことが

 

「自分の世界にずっとお母さんが鎮座していた」ということです。

f:id:daifukuan:20191213153313j:image

 

1歳の子供の頭の中を割って見てみたら

多分「お母さん」は9割ほどです。

昔流行りましたよね、「脳内メーカー」

脳内イメージが割合で見れるやつ。

 

大好きなプラレールも「お母さんとプラレールで遊ぶ」とか。

パンも「お母さんと食べるパン」とか。

 

おそらく、おそらくですよ?

私と息子の2人だけの世界の中に

いろんな事柄が含まれている。

母という脳の膜の中に「プラレール」「パン」が入ってる。

 

で、この割合が成長とともに少なくなっていくと思うんですけど。

多分それが自然なことなんですけど。

 

私ずっと自分の世界にお母さんがいたんですよね。

 

私の脳内メーカーは

「母」「母」「母」「悩」「苦」「母」「母」「母」「母」「食」「欲」「母」「母」「母」「母」「母」「母」「嘘」「金」「母」「母」「母」「友達」「彼氏」「夢」「夢」

 

多分こんな気持ち悪い感じだった。

 

小学生の時とかは気づかなかったけど。

だってまだみんなの口からも「お母さん」って言葉が

よく出るじゃないですか。

 

自分の周りには、自分の家より厳しそうなお家がたくさんあって

「お母さんがだめって言うから」とか言う理由で

一緒に遊びにいけない友達とか普通にたくさんいてね。

だからその頃は私も普通の人だったんだけど。

 

多分、私が、世間の成長と

ズレ始めたのは、浮き始めたのは、

大学生になった頃じゃないだろうか。

 

某宗教を信仰していて家が厳しかった子が金髪になっているのを見て

私「お母さんはなんて言ってるの?許してくれたの?」

クリスマスに彼氏と旅行へ行くんだと言う友達に

私「お母さんはよく許してくれたね。お母さん心配してない?」

精神的な病気で通院し始めた友達に

私「お母さんは何て言ってた?心配してた?」

みんなの反応

「え・・・お母さん?関係なくない?」

 

それがさ。私にはさ。

ずーっっと関係あったんですよね、お母さん。

 

お母さんに言えないから、ごめん旅行は行けない。

お母さんが心配するからもう帰るね。

髪の色を明るくしたいな。おあ母さんに聞いてみようかな。だめかな。

この洋服はお母さんが好きじゃないだろうからやめておこう。

ごめん、お母さんに紹介できないから、別れよう?

養護教諭にやっぱりなりたくない。でもお母さんに何て言おう。

お母さん言えない。だめだ。

お母さん悲しむかな。

お母さん、許してくれるかな。

お母さん。

お母さん。

お母さん。

お母さん。

許して。

お母さん。

許してください。

 

 

私の頭の中はずっとこれ。

それに気がついたのが、子供を産んでから。

 

いや、マジで、びっくりしましたー。

自分の世界に「お母さんはもういなくていい」って

自分で決めていいんですね。

 

やっと決めることができたのは、次男を産んでから。

 

脳内を占めていた「お母さん」に

さよならしたら

めっちゃスペースができて

楽しくなりました。

 

お母さんのこと考えなくていいってめっちゃ楽。

パンパンで破裂寸前だった脳みその、なんと軽いことでしょう!

重たいパソコンみたいに、ぐるぐる回って停止していたのが

自分の意思だけで「enter」押してスパスパ進めるようになった。

 

長男、次男はまだまだ幼いから

多分脳内は「母」を占めてる。

それを自覚して、子育てをしていこうと思う。

 

彼らの世界から、私が早々にいなくなるといいな。

「お前なんて関係ねえよ」って、早く私を追い越してほしい。

私の背中を早く小さく感じてほしい!

だって本当に小さい背中なんだから。

彼らの方が、すごいんだから。

 

家族みんなが、どんどん自由に、

好き勝手に生きていけますように。

 

それまでの間、今はたくさん「お母さん」として

子供の前にいられることを自分が楽しませてもらいます。