感情から、ひもとく

元保健室の先生。これを愚痴で終わらせるわけには・・という執念の日々のブログ。

ちびまる子ちゃん症候群

さくらももこが大好きで
小さい頃から、漫画もエッセイもたくさん読んだ。

 

ある日曜日、ちびまる子ちゃんを見ながら
さくらももこ先生が亡くなったことに胸の痛みを感じていたら
あることに気づいた。

 

あれ・・・まる子って・・・自分みたい!!!!!

f:id:daifukuan:20190501164018j:image

 

胸も腹も痛かっった。

 

その日もまる子は、
たまちゃんやおじいちゃんにちょっかいを出しながら
一発逆転のラッキーが降ってくることを
口を尖らせて待ちわびていた。

いつものやつです。

 

キーワードで羅列するなら、こうだ。

 

他力本願、責任放棄、投げっぱなし、好奇心旺盛、お調子者、
ちゃっかり者、怠け者、欲望の塊、棚からぼた餅、柳の下の泥鰌、
一利一害、努力不足、宿題放棄、お手伝い放棄、お節介、お人好し、
ちょろちょろ、姉と母はお口をあんぐり

 

このまる子、将来さくらももこ大先生になるんだよなって知ってるから
寛大な心で笑って楽しめるけど

今の自分と重なって見えてしまったら、もう終わりだ。

日曜日の夜に、現実に直面して笑えなくなる症例を
ここでは「ちびまる子ちゃん症候群」と名付けることにします。

 

もう30も半ばの女がオリンピック選手をテレビで見て

「あ〜私も金メダル獲りたかったな〜」とかね、言ってる場合じゃないのよ。
いい加減、目を覚まさないと。


インスタとかブログとか、ちょっとやってみて
ちょっとやってみたからこそ、思ったというか
すごくわかったことなんだけど。

 

フォロワーがたくさんいる人って、
マジですげー努力してルナって。

 

インフルエンサーのあなたは、
「努力なんてしてないよ〜、毎日コツコツやってただけ」って
余裕のsmileでいうかもしれんが

 

毎日コツコツ、これだけ積み上げていくって
(そして、それだけの人に支持されるって)

やっぱり片手間ではできないわけでね。

 

私も昔、某アプリでよくわからない間に
一夜にしてフォロワーが増えに増え
気づいたら5000人のフォロワーがいたという
棚ぼたを経験してしまったものだから

 

まあ、「次のラッキーはいつ来るかな〜」って
寝転がって正座占いみて
楽しみに過ごしてたんだけど。

 

だめっっ!!!!
根拠のない自信だけで生きてる大人の恐ろしさよ。
このままペラペラに生きて枯れたように死ぬところだったよ。

 

でもさ、アニメのラストでまる子がいいこと言ってたんだ。

 

「宿題をやった日の夕ご飯って、すごく美味しいね!」

 

何者かになろうとか
人から認めてもらおうとか
思わなくなって楽になったけど。

更にもう一歩、もっと毎日「やりきったー!!」って思えたら
何かが積み上がっていくのかな。
積み上がったそれを、見てみたいなって願う自分がおります。

 

ちびまる子ちゃんは、外の全てが輝いていた昭和の時代。
これからは、というか今は、
もっと一人一人が自分の内側に輝きを見出す時代なのかな。

 

あ、全然違う話になってしまったので、今日はここらへんで。
これからは、私も「夕飯が美味しいね」って言えるように頑張りまッす。