カサンドラな日々

「なぜか周りと噛み合わない」ズレを楽しむ人のブログ

母と娘

子育ては、操り人形だ

私は母親から日常的な暴力を受けたわけでもないし 育児を放棄されたわけでもないし ブタと間違われて、宇宙船から捨てられたというような、過去もない。 ただ、ただ、自分が息子を出産し、母親になってから自分の「育ち」について考えるようになったのだ。

お母さんを幸せにしようとしていた記憶「土曜の昼下がり編」

子育ては大変だ。でも子どもは親(の期待?)を裏切りたくないって思ってる。時に訳のわからない遠慮もしてしまう。お母さんを悲しませないように必死だった昔の記憶を辿りながら、親としてどう生きていこうか、考えたお話。

ケンカのゴールを「どっちが正しいか」にしない

私はケンカをあまりしませんでした。 ケンカが始まると、自から、土俵から降りてしまいます。 (そもそも自分の意思で土俵に上がってないし) そして土俵からそっと降りた後、その人との関係を絶ってしまう、という傾向がありました。